年収の1/3の総量規制対象外借り入れが有りでもキャッシングできる?



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

銀行からの借り入れがあってもキャッシングできる?

年収の1/3の総量規制対象外借り入れが有りでもキャッシングできる?ということですが、


まず解答から行くと審査結果次第で、借入自体は可能です。個々の信用情報次第になって来るので消費者金融からお金を借りる際には、総量規制対象外の銀行カードローンから借り入れする場合にも全ては与信情報からの審査結果次第となってきます。


総量規制は、貸金業法によって規定されているルールで、年収の3分の1を超える借り入れを受けることはできないというものです。消費者金融や信販会社なら、この貸金業法が適用となるため、他社から借り入れがある場合には、それらをすべて含めた借入総額によって、総量規制の範囲内かどうかが審査されます。


しかし、銀行から借り入れている場合には総量規制の対象外となるので、この年収の3分の1にはカウントされません。銀行には銀行法が適用されていて、貸金業法は適用されません。


そのため、仮に銀行から総量規制以上の金額の借り入れがある場合や、銀行からの借り入れとノンバンクからの借り入れの合計が年収の3分の1を超えてしまうような場合でも、銀行からの借り入れ分はカウントされないので、問題ありません。


審査で引っ掛かることもありませんし、銀行からの借り入れが原因で審査に落ちてしまう心配もありません。


貸す側にとっては銀行法か貸金業法かによって貸せるかどうかを審査できますが、借りる側にとってはどこから借りている場合でも借入総額が年収の3分の1を超えてしまうと返済が辛くなることは確実です。借りる前には総量規制だけを気にするのではなく、返済できるかどうかを自分で判断してから借りましょう。





三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪