収入証明書はどんな時に提出する?



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

収入証明書はどんな時に提出する?



借り入れを行う際には、収入証明する源泉徴収票や給料明細などの提出が必要な場合があります。カードローンやキャッシングの場合、借り入れ額が少ない場合には提出を求められないこともありますが、1社からの借入額希望額が50万円を超える場合や、複数の業者から借り入れている場合には、その借入総額が100万円を超えるような場合には、提出が求められます。



収入証明書の基本理解



銀行からの借り入れでは、貸金業法で規定されている総量規制は適用とはなりませんが、消費者金融などのノンバンク系から借り入れる場合には、総量規制の適用となり、収入の3分の1を超える借り入れができないルールとなっています。



そのため、総量規制の範囲内であることを確認するために、収入証明書の提出が必要になることもあります。


収入証明書は収入を証明するための書類ですが、何でも良いかと言えばそういうわけではありません。源泉徴収票がある場合にはそれを提出しなければいけませんし、持っていない場合には過去2か月分の給料明細でも受け付けてもらうことができます。


収入証明書不要で借入可能?



また、自営業の場合などには確定申告書でもOKですが、税務署の受領印があるものでなければ有効になりません。その他にも、青色申告決算書や年金証明、納税通知書など、収入証明として使える書類はあるので、窓口担当に相談してみてくださいね。



収入証明書が不要で借入ができるのは50万円以下の借りいれです。これは各金融機関によって金額に多少の違いはありますが、基本的に50万円(少額融資)の場合には収入証明書なしで借入ができます。生活費などでキャッシングする場合には、この借り方が証明書の提出も省けるので簡単に借りれる方法と言えます。




三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪