利息制限法によって金利は下がるのですか?



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

利息制限法によって金利は下がるのですか?

利息制限法は、借り入れる際の金利の上限を定めるルールで、借入金額によって定められている上限は人それぞれ異なります。例えば借入金額が10万円未満の場合、金利の上限は20%となり、それ以上から100万円までの場合には上限は18%となっています。100万円を超える場合には上限は利息制限法によって15%までとなっています。


法に則って営業している会社の場合



出資法による上限金利は借入金額に関係なく20%と決められているため、借り入れている金利が利息制限法の規定よりも高く出資法の範囲内と言う場合には、その金融機関は行政処分の対象となります。また、金利20%以上と言う場合には、その業者は刑事罰の対象になります。


もしも利息制限法で規定されている金利よりも高金利で借りている場合や、完済した借り入れの金利がこれよりも高かったという場合には、弁護士や司法書士に依頼して過払いした分を返還請求することができます。


現在返済中の借り入れの金利が利息制限法よりも高い場合には、弁護士や司法書士を通じて金利の引き下げと、これまでの利息過払い返還請求をしてもらうと良いでしょう。法律に詳しくない素人が債権者に直セルアプローチするのは危険なのでやめましょう。法的な手続きや処置は、必ず法律のプロにお願いしたほうが安心です。


安全な会社から借りること



大手の消費者金融はどこも貸金業法に登録されているので安心して借入が可能です。その他にも返済方法が大手ならではの充実した返済方法があるので、返済に関してもサポートセンターに確認してみるか、ネットで確認してみるといいでしょう。

最近では各会社のアプリもあるのでアプリなら気軽に使えそうですね。





三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪