個人与信信用情報機関とは?審査結果に直結する実情とは?



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

個人与信信用情報機関とは?審査結果に直結する実情とは?

個人信用情報機関とは、私たちの借り入れ状況や返済状況が一括管理されているデータベースを管理している機関のことです。


銀行や消費者金融などの金融機関とは独立している組織で、利用者が借り入れの申し込みをすると、金融機関は信用情報機関のデータベースへアクセスし、その人の借り入れ状況を審査することになります。


信用情報機関は全国にいくつかあります。クレジットカードの情報を取り扱うCIC、消費者金融業者が加盟しているJICCと言われる日本信用情報機構、銀行が多く加盟している全国銀行個人信用情報センターなどです。


信用情報機関では、たくさんの個人情報が管理されています。氏名や性別、生年月日、住所、電話番号などの情報に加え、どこからいくら借りていて、返済状況はどうなっているかという情報も管理されています。



また、返済が遅延した場合や、債務整理や自己破産などの情報も、事故記録としてデータベースに記録されます。


こうした金融事故記録は5年から10年間保存されてしまうため、一度こうした事故記録がつくと、住宅ローンや自動車ローンのような借り入れでも審査に通らなくなってしまいます。


100%通らないというわけではありませんが、高い確率で審査落ちすると考えておいた方が良いでしょう。







三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪