本格アウトドアにかかる費用と家族旅行の費用を比較 | ファイナンシャルキャッシング



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

本格アウトドアにかかる費用と家族旅行の費用を比較

アウトドアを極めようとすると金かかるんです。しかし、安いものは品質も良くないものですね。スノーピークなどはやはり品質もしっかりして長く使える分、感覚的には高い印象です。

さて、アウトドアを家族4人でするには、それくらいの初期費用がかかるのでしょうか。早速見ていきましょう。

必要なもの(すべてスノーピークで揃えてみよう

■テント・・29,800円で、トルテュライトレベルになると、98,000也~!!その他スピードスコープなどを入れると追加1万円

■寝袋・・一人一個として@29,800円×4=119,200円

■ランタン・・8,000円

■バーナー(二口)・・33,800円

■IGT(アイアングリルテーブル)・・35,000円から。いろいろパーツも組み合わせて使用用途にカスタマイズするので、安く見積もってこの値段です。

■チェア・・21,800円×487,200円FDベンチ(6,500円)にして、節約すれば、50,100円。子供が小さい時限定

■その他調理器具や衛生用品は別途です。そして気になる合計は・・・・・ざっと350,000円ほどになります。この金額が高いと思うか?安いと思うか?


普通の旅行の費用を考えるとかなり安い



普通に4人で家族旅行に行くと、一度か2度でこれくらいになる家庭もあります。そうなると、この金額は決して高くないと考えられるわけですね。初期投資費用はかかりますが、一般的にアウトドア対応のものはタフで壊れにくく、長く使える値段設定だと考えておくと、それほど高い買い物ではないということになります。

実際アウトドアに出かけると、他のファミリーが持っている素敵なものに目が行きます。見るとまた欲しくなっちゃうんですね。

一気に揃えて快適派?それとも年月かけて収集派?



最初に安いものを買いすぎると、結局早く傷んで壊れてしまうのも、なんだか無駄なような気がします。一気に揃えると最初の出費はかかりますが、しっかりしたものをはじめから使うので、大事に使うようになりますね。

ちょっとお高い買い物にはなりますが、クレジットのリボ払いにするよりも、キャッシングした方が金利が安い場合もあるので、分割購入する際もオトクに買い物してアウトドアシーズンを迎えたいですね。




三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪