増額するための方法と追加融資してもらう方法は?



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

増額するための方法と追加融資してもらう方法は?

キャッシングやカードローンなどの借り入れをしている人の中には、できれば利用限度額を引き上げてほしいなと考えている人もいるのではないでしょうか。

最初の審査で決められた融資額を後から増額してもらうことは、決して簡単なことではありません。しかし不可能なことではないので、必要な場合には担当者に相談してみると良いでしょう。


金融機関からの借り入れ限度額は、審査によって決められています。

審査項目には本人の返済能力を知るための収入や資産、他社からの借り入れ状況に加え、勤務先や勤続年数などが審査されています。

利用限度額の増額を希望する場合には、再び審査が行われるので、審査で高い融資額がOKとなる要素があることが必要となります。例えば、賃貸住宅から持ち家に引っ越したとか、収入が高くなったなどのプラス要素があれば、追加融資や利用限度額の増額も十分に可能です。



きちんとした返済ができていることが増額の最低条件



増額してもらうためには、いくつかの書類が必要になります。どのぐらいの借入額を希望しているかによって必要な書類は異なりますが、一般的には源泉徴収票確定申告などの書類に加え、最近2か月~3か月の給与明細などが必要となります。


転職によって給料がアップした場合には、勤続半年以上なら審査に通りますが、転職したばかりの場合にはいくら給料がアップしても審査に通りにくいので、勤続6か月になるまで辛抱したほうが良いかもしれませんね。


利用限度額の増額を希望する場合には、WEBや電話などで申し込むことができますし、店舗に必要書類を持って足を運ぶのも良いでしょう。


必要な書類さえそろっていればすぐに審査が行われるので、早ければ即日に審査結果が分かります。銀行の場合には審査に時間がかかる傾向にありますが、審査にかかる時間は最短即日と考えると良いでしょう。


増額を希望する際には、気を付けたい点があります。


それは、消費者金融から借り入れる場合で、総量規制法に引っ掛からない上限であることが大前提となるという点です。



総量規制法と言うのは、借入総額が収入の3分の1を超えない金額までしか借りることができないというルールで、他社からの借り入れもすべて含めた合計が収入の3分の1を超えてしまう場合には、審査に通りません。



ただし、収入がアップして総量規制法のルール内に収まる場合なら問題ありません。収入は毎月のお給料だけでなく年に数回のボーナスなども考慮されるので、増額を希望する場合には給料明細に合わせてボーナス明細なども持参するようにしましょう。





三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪