メガバンク総量規制対象外の銀行カードローンの特徴は?



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

メガバンク総量規制対象外の銀行カードローンの特徴は?

日本の経済を左右するほどの影響力を持つと言われているメガバンクの銀行カードローンで、総量規制対象外のローン。

メガバンクとは預金残高の規模がとても大きい都市銀行のことで、三菱東京UFJ銀行など3行が該当します。

これらの銀行は全国にたくさんの店舗を持っているので、どこに住んでいてもカードローンを作りやすい
ですし、利用する際にも全国各地にたくさんあるATMが利用できるので、職場や自宅のそばはもちろん、ちょっとした旅行先でも利用しやすいという特徴があります。

メガバンクのカードローンは、その銀行に預金口座を持っていたり、住宅ローンや自動車ローンなどを持っている人なら、比較的審査が通りやすかったり、金利が少しディスカウントしてもらえるというサービスがあるようです。

どのぐらいの取引をしているかによってどのぐらい金利面で優遇してもらえるのかは異なりますが、メガバンクに口座を持っている人なら、カードローンを作る際にはぜひそのメガバンクも候補の一つとして検討してみると良いでしょう。

カードローンやキャッシングなどは、ノンバンクから借り入れる際には貸金業法が適用されるため、収入の3分の1以上の金額を借り入れることはできません。

総量規制を理解する



これは総量規制の対象になるためで、貸金業法が適用されるすべての金融機関からの借り入れ合計が収入の3分の1を超えないように融資額の上限も調整されることになります。

しかしメガバンクのように銀行から借り入れる場合にはこの貸金業法が適用されないため、借り入れる金額が収入の3分の1を超えても融資可能になることもあります。銀行の場合には貸金業法ではなく銀行法が適用となるため、総量規制の対象にならないからです。

メガバンクの審査



しかし、総量規制の対象にならないからと言って返済能力を超える額を貸してくれるわけではありません。銀行では審査がとても厳しく、「安定した収入」であれば借りられる可能性が高いのですが、その定義の中には、短期雇用ではなく正社員として働いていることはもちろん、転職した場合には勤続6か月以上であることが必要だったり、借り入れる銀行に普通口座預金でも良いので何かしらの口座を持っていることを条件としている銀行などもあります。

ノンバンクの審査には通っても銀行の審査には通らないという人が多いのは、そうした審査の厳しさが理由となっているのです。

しかし、ノンバンクと比べると金利が低めに設定されていたり、融資可能額の上限が高く設定されているなど、審査を通れば利用しやすいサービスが満点なのも、メガバンクのカードローンの特徴です。


年収の1/3の総量規制対象外借り入れが有りでもキャッシングできる?







三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪