今後増える遠距離介護の費用と日々の出費 | ファイナンシャルキャッシング



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

今後増える遠距離介護の費用と日々の出費

親の介護の為に遠距離介護で今の住まいと実家とを行き来する生活というのが遠距離介護です。

離れて暮らす親が遠けれ遠いほどすぐに見に行ってはあげられません。

航空会社の介護帰省割引を活用する



親の介護保険では遠距離介護の費用は賄えない。1ヶ月に20万円以上交通費を支払っている家庭の現状もあります。

◆航空会社の介護割引を利用する(日本航空、全日空、スターフライヤー、ソラシドエアが介護割引制度があるのでホームページで確認しましょう)
◆LCCを利用する(スカイマーク、ピーチ、ジェットスターが主な主要都市を結ぶ格安航空会社です)
◆JRの各割引制度で年齢をメリットに変える
◆高速バスを利用する(体力と時間を要するので介護する人にとっては厳しいというのがデメリット。渋滞などで時間が詠めないということもあります。)


介護費用そのものの費用がかかる



先に遠距離介護の交通費に関して話しましたが、介護費用そのものの費用がかかってしまうので、よほどの蓄えがない限り行き詰まってしまう家計がほとんどです。

こうなってくると、介護したくても自分の生活ができないという状況に追い込まれてしまいます。

しかし全てをうまく回せている人の割合の方が少ないので、今後の行政の打破策に期待しつつ、自分の貯金もしたいですね。

医療費を節約したい時の裏ワザ







三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪