キャッシングに役立つ豆知識と不安を今すぐ解消



こちらのサイトはキャッシングカードローンについて徹底的に安全に利用することが出来るように解説していますのでお借り入れ前に参考にしてみて下さい。



債務者唯一のメリットの金利0円でお金を借りる事で返済が楽になります。
3秒診断も活用して最短1時間融資!30日間金利0円で源泉徴収票不要でお借り入れできます。

法定内金利で安全に金利0円でお金を借りるならこちら

キャッシングに役立つ豆知識と不安を今すぐ解消

Q.キャッシングをしようと思うのですが、悪いことをしているような感覚になってしまいます。しかし急に必要なお金をだれにも迷惑かけずに借りる方法が他に見つからなかったので借りようと思います。罪悪感なく借りれる方法がありませんか?
A.長い期間借りれば、それだけ金利はかかってくるということを覚えておきましょう。短期間で必要な金額だけ借りることが無理の無い借り方です。


一番重要なのは借金を自分のお金と勘違いしないこと



お金を借りることは自己管理能力がないことと判断されてしまいがちですが、他人に迷惑をかけずに借り入れをし、計画的に完済できていれば罪悪感を感じる必要はありません。

以前のサラ金と呼ばれる利息は今よりはるかに金利も高く29%という高い金利がかかっていました。

親の世代が借金をしちゃいけないという理由のひとつに、この金利の高さのイメージがあるからだと思います。それともう一つは借金を返せなくなった時のリスクを考えると借りない方がいいという考えか方もあります。

今は18%ほどの金利で借り入れができるので、ちょっと時代は変わりましたね。

貸してくれればどこでもいいは間違っている



お金を借りる前に、自分が借りるシチュエーションを思い描いてみましょう

  • いくら借りるか
  • 無利息期間は利用するのか(全ての会社に無利息期間があるわけではありません)
  • 収入に対して払っていける月々の返済額はいくらか
  • 借入先は一社に絞るのか?もしくは少額の借入を複数社からするのか


このように事前に借金計画表を作るなどして、計画的な借り入れの準備を入念にしておきましょう。

複数の会社から借入をしようと考えている方への注意事項



一社から納得のいく融資額に満たない場合がある時に備えて、複数社の審査を一度に申し込む方がいます。これをやってしまうとせっかく申し込んだ全ての審査に落ちてしまいます。必ず一社だけに絞って審査を受けるようにしましょう。

また消費者金融でお金を借りる場合に年収の1/3までしか借りれない総量規制の対象になります。これは借り過ぎの方を守る法律です。まずは自分の借金に対して向き合い計画してみませんか?

給料日前の生活費がピンチ







三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムだから安心♪